吉川美代子は、女子アナ界の総裁、創価学会ではない。

吉川美代子さんは
神奈川県出身のアナウンサーです。

女子アナと呼ばれることを嫌い、
女性アナウンサーとしての仕事に
プライドを持っている女性です。

子どもの頃からTBSラジオを
聞いていたことから
アナウンサーに憧れを抱いていました。

中学生のときに出演したラジオ番組で
司会を務めていた山本文郎さんから、
将来は吉川アナウンサーですねと
褒められたことがきっかけになり
アナウンサーを本格的に目指します。

大学卒業後にTBSの前身である
東京放送に応募して見事合格、
TBSの松坂慶子と呼ばれるほどの
人気を得ました。

Sponsored Link

最近のアナウンサーは
人気が出たら30歳前後で
退社をする人が多いですが、

吉川美代子さんは定年までTBSを務めあげ、
定年退職してからは
フリーアナウンサーとして活動しています。

川美代子さんが女子アナはタレントの
愛称のようなものだと言い切ったときは、
女子アナ反論という見出しで話題にもなりました。

一部で女子アナ 嫌いと言われる理由は、
確かに女子アナがタレント化しているのも
一因だといえます。

TBSを退社してフリーで活動している
田中みな実さんとは確執があったという噂があり、
それを吉川美代子さんに聞いてみると、
確執どころか相手にすらならないと
ばっさり切り捨てました。

Sponsored Link

田中みな実さんは
アナウンススクールの教え子だったこともあり、
しっかりしたアナウンサーになるため
厳しく指導されたことから
そんな噂が出たようです。

タレントのようなアナウンサーもいますが、
笹川友里さんのようなADからアナウンサーに転身
という道もあるようですから、
確かにタレントと女子アナの垣根が
なくなっているのかもしれません。

ベテランアナウンサーとなった吉川美代子さんも、
若手の頃は中継リポーターを務めて
山口百恵さんの現場に何度も訪れ、
さらに報道の仕事についたときは緊張して円形脱毛症、
胃けいれんに悩まされたこともあったようです。

つらい仕事を乗り越えてきた吉川美代子さんは、
女子アナに厳しいマツコ・デラックスさんも認めており、
女子アナ界の総裁という立場を得ました。

女子アナ界の頂点に君臨する吉川さんですが、
実は、私生活では2度の離婚を経験しております。

その苦難の道のりから創価学会に入信したのでは?
というデマも流れてしまっています。

噂というのは一人歩きするので怖いものですね…

現在、独身の吉川さんですが、大の猫好きなので
新しい恋に身を焦がすのは当分先のように思います。

ちなみに、
若い頃密かに巨人投手の藤城和明さんに好意を寄せていたようで
最近「7時にあいましょう」で40年前の恋心を告白。

藤城さんも吉川さんのことを好きでいたようで
タイミングが合わなかったが両想いだったことが判明。

時を経た「愛の告白」っていいもんですね。
知的な吉川さん照れるとすっごくチャーミングです♡

【関連記事】


Sponsored Link