がん治療薬『オプジーボ』は最新免疫療法

千葉県在住の70歳の男性の例
この男性は、太もも付近に大きなホクロ大のあざができた。
放っておいたところ、しだいに足の付け根部分に「しこり」ができ慌てて大きな病院で診察を受けた。

診察結果は「メラノーマ」という皮膚がん。

表面は手術で切り取れるが足の付け根のほうは厄介で摘出するのは「足を切断するしかない」と宣告されたという。

オプジーボを投与し始めて約2年間のこと男性のがんはCTスキャンでも
ほどんどわからないレベルまで小さくなったそうだ。

このオプジーボというがん治療薬
いったい、どういう薬なのか?

オプジーボの効果・医療費・副作用をもっと詳しく

出典元:週間現代_創刊57年記念号より


Sponsored Link