「垣内りか」として復活した愛内里菜、失語症になった中野サンプラザでリベンジ果たす!

愛内里菜さんは高音と低音の表現力を併せ持った声が魅力の歌手で、
デビュー当初はダンス系やトランス系の曲が多く、
ハードロック調の音楽でも活動を展開しました。

一方、アニメの主題歌でも活躍されており、
「モンスターファーム」や「名探偵コナン」のオープニング曲でも
愛内里菜さんを知った方も多いことでしょう。

特に名探偵コナン主題歌の1つでもある
「恋はスリル、ショック、サスペンス」は
コナンが曲にあわせてパラパラを踊るものです。

これが当時話題になり、オリコン週チャートでは初登場5位を記録、
自身初のオリコンチャートもトップ10に入りブレイクのきっかけとなりました。

また、劇場版では「七つの海を渡る風のように」が有名です。

この曲は愛内里菜さん&三枝夕夏さんによる
「劇場版名探偵コナン紺碧の棺」の主題歌で
「100もの扉」に続く2枚目のシングルです。

三枝夕夏さんもまた「三枝夕夏 IN db」というバンド名で
「君と約束した優しいあの場所まで」や「雲に乗って」など
名探偵コナンの主題歌を担当されていました。

USENでは多くのリクエストを獲得し、
数ヶ月間USENチャートで上位にランクインしました。

Sponsored Link

順調に見える音楽活動でしたが、
2003年には中野サンプラザでの公演中、
愛内里菜さんは一時的に原因不明の失語症に陥ります。

当時の多忙なスケジュールと
プレッシャーによるストレスが原因だったともされています。

それを乗り越え第54回NHK紅白歌合戦の出場を果たしましたが、
2010年に開催した兵庫でのライブを最後に音楽活動を終了し、
歌手活動を引退しました。

ライブの中では自身の甲状腺の病気であるためと公表していました。

歌手活動から離れ、療養を続けていましたが
2014年に垣内りかとして歌手として復活しました。

なお、活動再開として選んだのは失語症を発症した中野サンプラザで、
堂々とリベンジを果たした
のでした。

ちなみに、当初は垣内りかが本名であると言う噂も流れましたが、
実際の本名は「垣内里佳子」さんです。

歌えなかった時期を乗り越えて、
また再びステージに戻ってきた垣内りかさん、
人間的に強くなり魅力を増したこれからの活躍が楽しみです!


Sponsored Link