高橋ジョージ、裁判決着の真相は「薬」か「モラハラ」か?

離婚裁判で世間を騒がせていた
元夫婦である歌手の高橋ジョージさんととタレントの三船美佳さんですが、
この騒動は高橋ジョージさんが離婚訴訟を取り下げるという
思わぬ展開によって急転決着をしました。

その結果協議離婚に発展して双方が同意し、
散々揉めていた離婚騒動は三船美佳さんの希望通りの結果で
落ち着いたという内容になっています。

世間ではこの騒動の原因は高橋ジョージさんのモラハラが理由であると報道されており、
ほとんどの人たちがその内容で離婚騒動や離婚裁判に発展したのだと思っています。

モラハラの内容も外出禁止令や人格否定など酷い内容だったと報道されており、
世間の多くが三船美佳さんに同情していました。

ですがこの件に関しては高橋ジョージさんが最後まで否定しており、
実際にモラハラがあったかどうかという点は不明となっています。

ではもしもモラハラがなかった場合は離婚騒動の真相は
どこにあるのかという疑問があるのですが、
これについてはとある疑問が浮上してきています。

Sponsored Link

と言うのも高橋ジョージさんが一時的にメディア露出が激減した時期があるのですが、
その時に「まるで宇宙人のように顔色悪い
何を言っているのか分からないほどに滑舌悪い」などの話が出てきており、
そこから実は薬をやっていたのではないかと言う疑問が出てきているのです。

顔色悪い・滑舌悪いなどの症状はいずれも薬をやっている人に
見られがちなものとなっていることから出てきた疑問なのですが、
あくまでも噂なのでこちらの真相に関しても不明となっています。

現在高橋ジョージさんも三船美佳さんもそれぞれ住居からの引越しを行っており、
完全に離婚騒動には決着がついたと言えます。

そのため今後この離婚騒動や離婚裁判の真相を知るためには
本人たちが語るほか手段はないと考えられており、
ほとぼりが冷めた頃に暴露本という形で何らかの出版をするのではないかと
考えているマスコミも少なくないと言われています。

【関連記事】


Sponsored Link