40代婚活は悲惨、今田耕司や加瀬亮とか同じにしないで…

今、イタい40歳が増えている?

40代の芸能人の結婚のニュースなどをみていると、
ひと回りの年の差なんて当たり前、
中には20歳、30歳年の差の強者の方もいます。

しかし、これは芸能人と言ういわゆる、富裕層であり、
イケメンと言われる人たちの中で起こっている出来事で、
一般の人にはなかなかあてはまりません。

40代まで、独身を貫き通せるのは、加瀬亮今田耕司、などの
お金もあって、それなりの地位もある特別な人なのです。

しかし、30代後半に差し掛かっても、なかなか重い腰を上げずに、
真剣に婚活を始めない人も結構いるようです。

40代や50代で若い女性をものにしている芸能人をみて、
勇気づけられ、30代後半の自分であれば、
20代の若い素敵な女性が現れるはずという
高望みで勘違いな夢を捨てきれない男性たちは、
この現実を知っているのでしょうか?

数字が物語る、過酷な結婚率

まだまだ30代と思っていても、
5年後結婚率が「40~44歳1.8%
さらにその5年後は「45~49歳0.6%」という残酷な数字が
リサーチによってはじき出されています。

この現実を知って愕然としませんか?

実は、30代の内に結婚を決めるというのは、
男性にとっても非常に重要なポイントなのです。

まだまだ行けるは、「もう行けない」…

不幸な事に、勘違いした高望みの気持ちを捨てきれず、
この30代後半の婚活適齢期を逃してしまった男性たちは
婚活市場においては、ほぼ部外者という厳しい現実が待っています。

「まだまだ行ける」ではなく、
「今を逃したら、次はない」くらいの意気込みで
婚活に取り組むべき時期がまさに30代後半と言えるでしょう。

40代になってから、30代の女性でもいいからと妥協しても
時、既に遅し」「後悔先に立たず」つまり、手遅れと言う訳です。

あなたは、棚卸し商品か ビンテージか?

30代の女性達は、婚活適齢期を逃してしまった
いわば「売れ残り男子」には、冷酷にも目を背けだします。

ですから、30代後半の時点で、
自分の置かれている現実をきちんと把握し
結婚相手の女性に求めるハードルを適正な位置まで
下げる事が重要になります。

=====================================

今、多くの人が離婚して後悔しています。

無知なために、人生を棒にふるったからです。

離婚は、時間のムダ・お金のムダ・人間関係のムダです。

多くの人が間違える「結婚相手の選び方」。

間違えのない人生を最短距離で進んでください。

パートナー選びを間違えると、あなたの人生は終わりです。

⇒ 人生を成功させるパートナーの選び方

=====================================


Sponsored Link