ブラック企業に限界を感じていませんか?ストレスゼロで会社を辞める方法。

今の時代、安定は幻である

高度経済成長期、企業戦士にとって安定への道のりだった時代です。

年が経つほど給料が上がり、仕事がバンバン増えても忙しさを感じさせないほど
毎日が充実していたのは過去の話になります。

バブルは崩壊し、終身雇用という後ろ盾は現在では幻です。

後ろ盾のなくなった企業戦士に、思いもしなかった現実が待ち受けます。

Sponsored Link

不景気が生んだブラック企業の実態とは?

労働者の弱みに付け込み、いとも簡単に社員を消費するなど
働く人間を喰い物にする企業が続出したのです。

今まさに、全人格労働時代に突入しています。
出典元:ヤフーニュースより_仕事で私が壊れる 人生を搾取する「全人格労働」

すべての労働者に長時間労働を命令し、
過度の業務により労働者は疲弊してその身を破壊していきます。

企業は長時間労働の常態化は当たり前だと主張し、全人格を業務に投入させるほど
我々を洗脳しているのが現状です。

どんなに休みを返上しても、どんなに時間外まで働いても報われないまま
労働者は働き続けます。

脱獄する気力もじわじわと奪う恐ろしい教育

会社からの圧力、世間からの体裁、上司の罵声罵倒などが精神をむしばみ、
ブラック企業からの脱出を妨げてしまうのが原因です。

しかし、それは大きな間違いです。自分の人格を支配され、報われないほど働いて
生きる人生など奴隷と同じです。

Sponsored Link

辞めることは恥ずかしいことではない

人を使い捨て商品のように扱う企業など、自分から辞めてしまうのが得策です。
それで馬鹿だの阿保など言うならば、所詮その程度の企業を意味します。

会社を辞める行為が恥ずかしいという常識は偏見です。

この世界にどれほど辞めた人間がいるか考えたら、ちっぽけな屁理屈に聞こえます。

少しでもブラック企業の疑いがあるなら、1日も早く辞めるべきです。

会社はあなたを束縛し、一生こき使います。

安い賃金で働かせ、眠る時間までも奪うぐらいの業務を押し付けます。

辞めれない会社は存在しない

究極のことをいいます。

行きたくなかったら仮病を使ってでも休んでかまいません。
会いたくない上司に会わなくてもいいです。

退職届を書きましょう。
内容は一身上の都合でOKです。

会社はあなたの退職届を拒否できません。
もしも心配なら内容証明をつけて送付してください。

退職に必要な離職票等の書類をもらえばもうOKです。

責任感がどうのこうのとか、辞め方がどうだとか言われても気にしないでください。

誰もあなたを罰することはできません、あなたに何かを強制することなんてできない。

あなたは生まれながらに自由という権利を持っている

企業戦士という言葉はもはや社畜の烙印です。

会社の言うことに従い、会社にすべてを捧げろという奴隷宣言に聞こえます。

あなたの人生は会社が決めるのでなく、あなたが決めていいんです。

この世は、笑顔の人生を好きなように送るあなただけのものです。

ツイートツイート

Sponsored Link