体質(ドーシャ)を知らないと健康法は逆効果、インド医学アーユルヴェーダで正しい体質診断。

アーユルヴェーダは、およそ4000年前に
インドで発祥した世界最古の伝統医学です。

ハーブや植物から抽出したオイルを利用したマッサージや、
ヨガ、瞑想など、自然素材や気の流れを取り入れて
心と体を健やかにして、病気を予防したり不調を改善していきます。

hqdefault
出典元:http://videolike.org/video/
アーユルヴェーダの脳デトックスマッサージ・シロダー

アーユルヴェーダでは、生まれ持っている生命エネルギーである
ドーシャによって処方が変わるため、体質や性格などの
いくつかの項目を確認して自身のドーシャを確認しておきましょう。

ドーシャにはヴァータ(VATA)、ピッタ(OITTA)、
カパ(KAPHA)があり、さらに2つのドーシャが複合している人もいます。

 

ヴァータの性質

ヴァータの体型は痩せ型で、肌は乾燥気味で色が黒く、
目が細くて鼻も小さめです。髪の毛は乾燥していて細く、
色は黒くクセ毛の場合もあります。

  • 食欲は不規則で、食事の時間や食べる量は日によって異なります。
  • 物音に敏感なので眠りも浅く、冷え性で便秘がちです。
  • 束縛を嫌い、変化や新しい物を好みます。
  • 気質は友好的で身振り手振りが大きく、とても早口でしゃべります。
  • 調子が落ちている時の食事は潤いのある物を食べると良い。と言われています。

 

ピッタの性質

ピッタは中肉中背で、色白でキメ細やかな肌をしています。
皮脂分泌が多くて日焼けしやすい肌質で、髪の色は明めで細くて柔らかい髪質です。

  • 暑さに弱いので汗をかきやすく、食欲は旺盛です。
  • 下痢になりやすく湿疹などができやすい体質です。
  • 気質はリーダーシップがあり頑固な面もあります。
  • 几帳面で集中力があり、見た目にこだわりがあるのでブランド品を好みます。
  • 調子が落ちてくると攻撃的になることがあり、
    食事は体の熱を抑える作用のある食べ物が最適です。

 

カパの性質

カパはがっしりとした体格や、肥満気味の体型です。
髪もしっかりとした太さで量が多く、目や鼻が大きくてはっきりした顔立ちです。

  • 食事はゆっくりと食べ、行動や話し方ものんびりとしています。
  • 太りやすくてむくみやすい体質で、調子が落ちてくると神経過敏になったり
    大雑把になり過ぎる傾向があります。
  • 食事は温かく乾燥している物が適しています。

 

ドーシャは見た目や性格、好みなど色々な面から診断でき、
当てはまる項目が一番多いものが、その人のドーシャになります。

 


世間では語られない健康情報

  • 食べ合わせの秘密
  • 自然治癒アプローチ
  • 記憶力向上法
  • 年代別健康法
  • 妊婦ヒーリング

興味のあるかたは こちら よりご登録を。



Sponsored Link