幸せが一転、不幸のどん底に落ちる前に。離婚の慰謝料未然に防ぐ「婚前契約」のススメ。

婚前契約書とは、これから結婚をするという男女が作る書類です。

これは結婚のために必要な書類ではありませんが、
結婚後に何らかの生活の変化があったり、
何かあった時のことを考えてあらかじめ結婚前に準備しておく書類です。

基本的なこととしては、結婚生活を維持するための
生活に関するものを明確にしておく、ということでしょう。

これは結婚生活を維持しなくなるための理由を明確にし、
離婚の条件をしっかり記録しておくというものです。

例えば生活費負担の割合や、毎月の収入をどのように扱うか、
親の介護が発生した時はどうするか、子供の養育は誰が何を負担するか、
というようなものを合意し、お互い明確に書面で残しておくというものになります。

基本的な考え方としては
「ずっと夫婦でいつまでも仲良くしていこう」という考えがあり、
それに関する項目を作るわけです。

ここでは細かい取り決めまで行います。

最も大きいのは、離婚についてのことでしょう。

離婚に関することとしては、何から離婚とするか、
あるいはどういうことを原因として離婚をするか、ということです。

特にカップルの間に独特のルールや決まり事があるのなら、
婚前契約書により明確にしておくのも一つの方法となるでしょう。

そして浮気をしたのなら、浮気の制裁内容として慰謝料や財産分与、
子供がいたらその子供の養育費や財産の相続などについて取り決めを行っておき、
いざというときに夫婦での生活に何か起きた時に有効とします。

また、もし離婚した時にどのような生活になるか、
面会の頻度なども決めることもあります。

これは結婚前にトラブルになりやすい
お金に関する項目や生活についてのこと、
将来のお互いの目標などを持ち、
それによって結婚生活を充実させようというものです。

結婚生活を円満にさせるための基本項目として、
お互いの基本的な「結婚生活を幸せで快適なものにしよう」という考え方は必要です。

それをベースにして作っていくことになります。

種類は覚書としてのものもあれば、
弁護士や第三者を入れて契約書や公正証書にすることもできます。

今、多くの人が離婚して後悔しています。

無知なために、人生を棒にふるったからです。

離婚は、時間のムダ・お金のムダ・人間関係のムダです。

多くの人が間違える「結婚相手の選び方」。

間違えのない人生を最短距離で進んでください。

パートナー選びを間違えると、あなたの人生は終わりです。

人生を成功させるパートナーの選び方

ツイートツイート

Sponsored Link
サブコンテンツ