飲む日焼け止めの効果と副作用について

近年、口コミで飲む日焼け止めの効果が広がりつつあります。
飲む日焼け止めはもともとは紫外線に弱い体質である欧米人向け開発薬で、
市販されているものから医療機関で取り扱われているものまで、
現在はさまざまな種類のものが販売されています。

Sponsored Link

人間の老化の原因は大きく分けて二種類あり、
ひとつは加齢による老化で「生理老化」といい、
もうひとつが紫外線などの外部刺激による「光老化」と呼ばれるものです。

紫外線は物質に対して化学変化を起こさせやすい性質をもった、
非常に強いエネルギーをもつ光です。

また、電子機器から放出されるブルーライトにも注意が必要で、
これらの光が肌に侵入してしまうことによって、
肌表面にシミやシワができてしまいます。

光は肌の表面から侵入するだけでなく、
目からも侵入してしまうため、
紫外線やブルーライトの光から完全に体を守るには、
日焼け止めに加えて紫外線カットの眼鏡を利用したり、
日傘を利用するなどさまざまな工夫が必要になってきます。

Sponsored Link

しかし、飲む日焼け止めを利用すれば、
体の内側から日焼けを防止することができます。

もともと肌が弱くてアトピー性皮膚炎をもっていたり、
敏感肌で化粧品がなかなか合わないという人でも、
飲むタイプならば肌に刺激を与えることなくダメージから体を守ることができます。

また、日中に野外の活動が多く、たくさんの日光にさらされてしまう人は、
塗るタイプのものと飲むタイプのものを併用するのも良いでしょう。

塗るタイプの日焼け止めは、汗や水で流れてしまうことも多く、
塗りムラができてしまっていたり、きちんと塗り直しを行っていないまま
使用していたのでは、日焼け対策の効果無し。

Sponsored Link

飲むタイプのお薬を、効果が継続する時間を考えて併用することで、
このような失敗を防いでしっかりとシミ・シワを予防することができます。

副作用は無いとされていますが、使用上の注意をよく読んで、
自分の体にあっているかどうかを確認してから使うようにしましょう。

ツイートツイート

Sponsored Link
サブコンテンツ