子供に受けさせたい教育、世界的な有名人を排出するモンテッソーリ教育とは?

Google創業者セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジが
モンテッソーリ教育を受けていたことは有名ですが、
それはどのような教育なのでしょうか。

Sponsored Link

モンテッソーリ教育が広まったのは、
マリア・モンテッソーリの講演集である「子ども社会世界」という本にあります。

彼女はイタリアにおいて初の女性医師であり、幼児教育に自然科学を用いました。

その教育は、子どもの発達時期を0~24歳で4段階に区分しています。

その中でも0−6歳は大きく成長する時期ですので、大切にしなければなりません。

この教育法では、特に自律や集中について効果があります。

家庭で、この二つを習得するのは大変難しいようです。

では、どうしたらよいのでしょうか?

Sponsored Link

口コミによると東京都武蔵野市にある、
「吉祥寺こどもの家」は少人数・たて割りのクラスで
モンテッソーリの活動を行っています。

たとえば、日常生活の練習では、料理や洗濯、
掃除など思うように手指が動かせるようにします。

言語、算数、文化教育では、身の回りの興味があることが
わかるようになる喜びを経験します。

モンテッソーリのための教材は年齢を問わずたくさんありますが、
家庭で揃えるには限界がありますし、他者とのかかわりや、
親が手を出さず見守ることも必要ですので、幼稚園などで教育するのが適当です。

小学校課程のモンテッソーリ教育というものもあり、
この「吉祥寺こどもの家」では、小学校1年生から
6年生までの子どもを夕方から夜間にかけて教育します。

職員はモンテッソーリ教師の資格をもっています。
ここで、教育を受けた子供達のその後は、
秩序だった合理的な行動ができるようになり、自律、集中できるようになります。

Sponsored Link

では、モンテッソーリ教育は、いいことばかりなのでしょうか?

メリットとしては、自律、集中という言葉にあるように、よく考えるようになります。

デメリットとして、通常の幼児よりおとなしくなることや、
1人で黙々として作業をするので、協調性に問題があるかもしれないといわれています。

幼児期の教育がその後将来につながっていくかどうかは、
家庭の力も重要になります。

日本では、モンテッソーリ教育といえば幼児教育が多いですが、
その後は家庭でも実践していくとよいでしょう。

ツイートツイート

Sponsored Link
サブコンテンツ