憧れ芸能人に感化される前にローフードの危険性について考えよう

ローフードダイエットとは要するに生の食べもの(ローフード)を
中心とした食事生活をするダイエット方法であり、
食べものに基本的に火を通さないようにする事がポイントです。

ローフード 効果としては火を通さない事によって
酵素を体内に取り込みやすくすることになります。

酵素は高温処理してしまうと壊れてしまうと言う弱点を持っているので
取り込みたい場合は生の食べものから摂取する必要があり、
火を通す場合でも48℃以下の低温処理をする程度にしておく必要があります。

Sponsored Link

つまり食べ物を生の状態で摂ることによって、
身体に負担を掛けず生き生きとさせて酵素の無駄遣いを止めようというのが
ローフードダイエットの基本となるわけです。

そんなローフードダイエットに適したものとしてはどのようなものがあるのかというと、
例えば適したもの 生の豆類は発芽させたりひよこ豆などを水に長時間付けて柔らかくして食べるようにしますし、
適したもの 新鮮な果物は生で食べられるものなら何でもいいとされています。ほかにも適したもの
新鮮な野菜は葉野菜を中心として低温処理する事もできますし、果物と混ぜてスムージーにしてもOKです。

適したもの ナッツ類は豆とは別に分類されていてこちらも生で食べる事ができますし、
適したもの シード類についてはフラックスシード・チアシード・パンプキンシードなど
生で食べられるシード類は栄養素も豊富なのでローフードダイエットでは重宝されているようです。

Sponsored Link

ただし、ローフードダイエットにはメリットばかりではなく当然デメリットもあります。

そしてそのデメリットは危険性を伴っていることも多いのですが、
特に注意しておきたいのが低温処理されたものばかりなので体が冷えやすくなってしまうと言う点です。

特に女性の場合は体を冷やしやすくなっているので注意が必要ですし、
場合によっては無月経の症状が出る場合もあります。

そのため体質的に冷え性や低血圧がある場合にはおすすめできませんし、
ほかにも栄養が偏りがちであるところも注意しておきたいところです。

 

追伸:

人生は短いです。

人生の終わり頃になって後悔しても
もう、健康は戻って来ません。

間違った健康法に汚染され
自然に治るのに医者に臓器をはぎ取られ
節約したお金も
医療費に消えていく事実を
あなたは知っていますか?

それもこれも
マスコミに操作された情報を
信じているからです。

本当の健康情報は1部の人にしか
アクセスできないのです。

その1部の人間とは

「本当に健康になりたい!」
または、
「死ぬ寸前までアクティブに動き回りたい!」

そのように考え
自分の人生を「よりよく生きたい」と想い
「健康はお金では買えない」ことを心から理解している人です。

しかし、今回、
すごく特別なことが起こりました。

“ある治療家”が
「真の健康を広めたい」という強い希望で
1ヶ月間、無料で音声を一般公開するというのです。

その“治療家”のもとには、
糖尿病や癌の患者はもとより、
エイズの患者など医者にさじを投げられ、
余命宣告された者が最後の最後にたどり着く人物だそうです。

その“治療家”は、栄養学・人体学・心理学を
世界最高峰レベルの先生たちから学び、
自身で体系的まとめ上げ、専門用語だらけでなく
私たちにわかるレベルの言葉でわかりりやすく
丁寧に解説してくれます。

会員の方には大きな声では言えませんが
“日本で有名な主治医”もいるそうです。

その貴重な音声を
「リスクゼロ」で真の健康情報を無料で
1ヶ月聞くことができます。

この世界の毒を取り払い、健康な肉体を手に入れる

治療家は、ほぼボランティアで音声を配布しているので
いつ気が変わるかも知れません。

サイトが閉じる前に、ダウンロードだけでもしてください。

きっとあなたの役にたつはずです。

ツイートツイート

Sponsored Link
サブコンテンツ