糖質制限ダイエットは危険を伴う?気をつけたい理由と継続方法について

糖質制限ダイエットは、現在、芸能人などからの口コミなどもあり、
大人気となっているダイエット方法の一つです。

こちらの糖質制限ダイエットについて、
効果いつから出るのか?というと「糖質」
つまりご飯などを食べなくなることから、すぐに効果は出始めます。

Sponsored Link

当然のことなのですが、今までに食べていた糖質分のカロリーが
削除される形となるため、かなりの早さで体重は減少していく傾向にあります。

ただ、同時に、このようなダイエットは危険であるとされています。

まず「糖質制限 危険 糖尿病」という言葉が出回っているように、
特に糖尿病の患者さんが、医師などの指導などを無しに糖質ダイエットを行ってしまうと
最悪なケースで寝たきりのリスクなどが高まります。

Sponsored Link

また、この他にも骨粗鬆症、高脂血症、動脈硬化、
脳卒中、脳梗塞、そして心筋梗塞などの症状が
出てしまうケースも稀ではありません。

理由については、糖質というものは、そもそも、
体にエネルギーを与えてくれるものであり、
その糖から、体は力を得て体を活発にさせようとしてくれます。

しかし、糖を抜いてしまうと、確かにカロリーが減る関係から、
ダイエットはある程度の時期までは成功しますが、
その後にはリバウンドをしてしまうケースがとても多いダイエットとされています。

やはり糖質を抜くことは体にとって上記のようなトラブルの病気を
もたらすことを十分認識して欲しいものです。

Sponsored Link

また、特に糖尿病などにとっては、
危険ともされている理由にインシュリンなどを使っている方などの
重度の患者さんの場合には、特に糖は必要なものです。

糖尿の患者さんにとっては、ただやみくもに糖質ダイエットを行うと、
脳に糖の成分が行かないことから、寝たきりリスクが増加するのです。

どうしてもこちらのダイエットを行いたい場合には、医師の指導を受けてから、
また許可を得てから目安は最低でも一か月くらいで行うこと、
そしてその間に体重を落とし、その後には医師などの指導を受けながら、
リバウンドに気を付ける方が良いとされています。


世間では語られない健康情報

  • 膵臓を守る食べ合わせ
  • 自然治癒アプローチ
  • 記憶力向上法
  • 年代別健康法
  • 妊婦ヒーリング

興味のあるかたは こちら よりご登録を。



Sponsored Link