アンジェリーナ・ジョリーが乳房と卵巣を切除した方法とは?

2013年にハリウッドの人気女優、
アンジェリーナ・ジョリーが癌の予防措置として
乳房と卵巣を切除したことが大きく報じられました。

発症前に乳房を切除するということでショッキングな話題とも、
彼女の勇気を立てる話題ともなった記憶があります。

Sponsored Link

もともと彼女の家系は癌患者が多く、遺伝子検査を受けたところ
医師から乳がん 87%、卵巣がん 50%の確率で発症するリスクがあると伝えられました。

彼女の母親 乳がん 卵巣がんを患い、
その間闘病生活 10年と長い苦しみを経て若くしてなくなっています。

アンジェリーナ・ジョリーは5年間この闘病生活に寄り添っていますが、
このことも彼女が思い切った手術をうけた大きな要因といえるのではないでしょうか。

術後に彼女は自分の6人の子供達が、
彼女の死におびえる必要はなくなったと語っています。

彼女の受けた手術は一般的にイメージされる乳房切除とは違うものかもしれません。

Sponsored Link

日本では「乳頭温存乳房切除」や「皮下乳腺全切除」といわれるもので
乳頭乳輪や乳房の手術はそのままに、
乳房の中身の入選実質や入選組織だけをすべてとってしまう手術です。

乳がんは乳腺組織から発症するのでこれをとれば発癌のリスクが低下します。

手術 結果 リスクは5%といわれていますが、
述語に乳頭の下にわずかに残る乳腺組織がこのリスクを意味していると考えられます。

実は乳頭乳輪が残せる場合、外見は割合に保持されます。

空洞の皮膚の下にインプラントなどを入れれば元の乳房との違いはほぼ分かりません。

Sponsored Link

実際アンジェリーナ・ジョリーは術後の帰国時に空港でノーブラで
その乳房の健在ぶりをみせたという報道もあったくらいです。

彼女は癌でおびえる女性には切除手術を受けるという選択肢があることを知ってもらいたかったと言い、
遺伝子検査の必要性を訴えていますが、日本でこの手術を受ける場合、
まだ社会的な合意を得られていないので一度倫理委員会を通す必要があります。

また費用は全額自費で切除と再建を合わせると片方の乳房 200万円クラスということです。

 

【関連記事】

ツイートツイート

Sponsored Link
サブコンテンツ