電通入社の高橋まつりさんが上司のパワハラにより過労死。

電通は東京都港区の「汐留 シオサイト」に本社を置く大手広告代理店として知られているのですが、この電通に関するニュースが話題になっているとしてインターネットなどでも色々な情報や記事が書かれています。

何があったのかというと、実はこの電通に新入社員として入社した高橋まつりという女性が入社してからわずか1ヶ月で自殺をしてしまったのです。

これだけならば特に騒がれることもなかったかもしれないのですが、問題となっているのがこの高橋まつりという女性がツイッターで投稿した電通での非情な仕事内容でした。

と言うのもツイッターに投稿された内容を確認してみると「土日も出勤しなければならないことがまた決定し、本気で死んでしまいたい」「1日20時間とか会社にいるともはや何のために生きてるのか分からなくなって笑けてくるな」深夜3時55分に「今から帰るんですけど、うけません?」など長時間残業や土日出勤が常態化した明らかな労働基準違反に関するものが挙げられているのです。

これだけでも酷いのですが、上司は「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」「会議中眠そうな顔をするのは管理ができていない」「髪ボサボサ、目が充血したまま出勤するな」「今の業務量で辛いのはキャパがなさすぎる」などの暴言を吐いており、本人の精神状態も日を追うごとに沈痛なものになっていくのが公開されています。

このようなことから自殺ではあったのですが死因は過労死だったのではないか?と疑われており、ツイッターでも「ツイッター、退職時に訴訟するための証拠として使ってるまである」があったことから労働基準監督署が過労死と認定しています。これによって電通が以下にブラック企業であるかが露呈してしまったことによって非難を浴びており、ニュースを始めとして様々なところで取り上げられることになったというわけです。

さらに過労死の原因として言われているのが電通の第4代吉田秀雄社長の遺訓とされる「鬼十則」だとされており、その壮絶な内容はブラック企業を生み出す癌であるとして非難を浴びています。

ちなみにこの高橋まつりという女性は広島県生まれの静岡県育ちであり、高校に関しての情報は不明なのですが東大を卒業したと言う才女だったと言われています。彼氏に関しての情報はなかったのですがツイッターの画像などを見ると非常にかわいい女性であり、そんな女性が過労死してしまったと言う事実に多くの人が衝撃を受けた事件となっています。

【関連記事】

ツイートツイート

Sponsored Link
サブコンテンツ