米倉涼子の離婚理由になった旦那のモラハラとは?

米倉涼子が旦那と結婚した理由は

2014年末に結婚し、今後は家庭を重視して妊活に励むのではと言われていた時に突然発表された、離婚発表。

幸せな家庭を築くはずだった結婚が、僅か2年で終了してしまいました。

そもそも米倉さんと彼が出会ったのは、2011年の冬頃。

彼は元リクルートで、2012年夏に独立、年商2億円規模の会社経営者へと成長しました。

米倉さんは彼の誠実さや温かな人柄に次第に惹かれていき交際が始まりました。

一部報道によると、米倉さんの一目ぼれだったとか。

Sponsored Link

離婚の原因となった旦那のモラハラ1部始終

「共に穏やかで温かな家庭を築きたい」と話していた米倉さんですが、実生活では期待とは裏腹に大変な生活が待っていました。

原因は結婚当初から始まった彼のモラハラでした。

結婚後すぐに別居生活が始まり、ハワイで予定していた挙式も残念ながらキャンセルになりました。

具体的には、米倉さんの交友関係や人格否定、容姿や行動も全否定。酒に酔った勢いで首を絞めたり、
一晩中正座で説教することもあったと話しています。

ここまでくると、もはやモラハラではなくDVと見られてもおかしくないでしょう。

結婚五日目、米倉涼子が離婚を決めた瞬間とは

米倉さんが離婚を決めたとされる事件が起きたのは、結婚後僅か5日後の2014年の大晦日。

2人そろってカウントダウンパーティーに出席していたようですが、
これまでと同じように酒に酔った彼は急に怒り、米倉さんの首を絞め始めました。

カウントダウンパーティーですから、周りには沢山の人がいる訳ですが、
そんなこともお構いなしの行動です。

米倉さんは交際中から彼のモラハラには悩んでいたようですが、
結婚することで彼の態度を変えることができるのではないかと期待を持っていました。

残念ながら、その期待も打ち砕かれてしまい、離婚を決意したようです。

その後は米倉さんは彼と別居、ホテル暮らしになりました。

Sponsored Link

離婚成立現在の米倉凉子は

「結婚5日後に離婚を決めたのに、なぜ今になって離婚?」と感じるかもしれません。

2人の離婚協議は難航し、なかなか成立しなかったようです。

2016年12月30日にようやく元旦那を協議の場に呼びだして離婚が成立しました。

彼のモラハラからもやっと解放され、ホッとしていることでしょう。

これからはドラマや映画、舞台など、女優業に一層専念できることを楽しみにしているようです。

2017年は日本国内外での米倉さんの活躍に注目が集まります!

 

【関連記事】


Sponsored Link