風間トオル「メレンゲの気持ち」で自宅公開! 貧乏エピソードから結婚、現在まで

久本雅美と高橋真麻のW司会で
軽快なトークを繰り広げる「メレンゲの気持ち」に
ゲストとして「風間トオル」さんが出演

風間トオルさんは、
1962年8月19日生まれであり、
今年53才になるというから驚き!
いつ見てもカッコいい!

風間トオルの家庭は、5才の頃に、両親が離婚して、
そのうちに父親もいなくなり、
風間トオルさんは、祖父と祖母に育てられたという。

経済状況が良くなかったのであろう、
少年時代は、かなりの貧乏生活を強いられたようである。

バイトに明け暮れた高校時代

そんな風間さんは、高校生になると一人暮らしを始める。
様々なアルバイトを掛け持ちしていたため、
1日に数時間しか寝ていなかったという。
また、冷蔵庫が買えなかったから土に発泡スチロールを埋めて
冷蔵庫の代わりにしていたというエピソードも。

「メンズノンノ」でモデルデビュー

t02200293_0240032010415574765
※http://ameblo.jp/ksc2-303-versus/
entry-10459647938.htmlより引用

そんな苦しい生活を感じさせない程、爽やかな風間さんは、
雑誌にスカウトされ「メンズノンノ」などでモデルとして活躍するようになる。
メンズノンノモデル出身の俳優には、他にも阿部寛や大沢たかお、など蒼々たるメンバー。

バブリーなトレンディードラマ時代

トレンディードラマで共演した「浅野ゆう子」は当時を振り返り、
「初めて芝居を見た時(下手すぎて)倒れた」と話し、
また「すごく優しい」一面を持っていることも語った。
51bvs3QyMBL._SX364_CR0,0,364,200_
※trendnews08.comより引用
風間トオル曰く、
「緊張していてあまり覚えていないが、
芝居がヘタでみんな倒れそうだったのは知っている」
と自覚していた。

バブル時代の撮影現場では弁当ではなくレストランで休憩し、
風間自身も高級時計をしょっちゅう買っていたという。

ディスコはほとんどお金を払わず顔パスで、
熱狂的なファンからは使用済みのパンティーや履いている写真などを
送られたことがあるという話を披露。いや〜、なんともバブリーな話である。

結婚生活について

328579_pcl
※blog.fujitv.co.jpより引用 写真はイメージ、実際の結婚生活とは関係ありません。
風間トオルは現在独身、35歳頃に一般の方と1年だけ結婚生活を送っていた。
風間は「相手が若かったから自分のダジャレについてこれなかったのでは」と言い、
得意のダジャレを披露。

そんな風間の独身生活を公開。
自身の独身生活と自宅を紹介した。
この日の朝食はそうめんに野菜の天ぷら。
料理が得意な風間トオルは朝食のそうめんや天ぷらも20分ほどでできるそうだ。

久本雅美らが、盛り付けや薬味の用意などその隙の無さに驚いた。
リビングではいつも好きな音楽聞き、毎朝手作りの野菜ジュースを飲んでいる。
どこまでも「ナイスガイ!」である、いつ再婚しても良いではないか!

Sponsored Link

最近のアクシデント

最近のアクシデントは、カラスを追い払ってろっ骨を骨折したそうだ。
風間トオルは先日、ベランダにカラスが来たため追い払った際に
手すりにあたって肋骨を骨折してしまったという。

さらに、いとうあさことの番組ロケで
いとうのパンツを見てしまったことを”不幸”と明かしていた。

一度や二度だけじゃない死の危機

風間トオルは仕事やプライベートでも海外によく行くが、
インディオの取材で火縄銃を突きつけられたときには「死ぬと思った」と話した。

ちなみに、風間の遭遇したセスナ機の事故も壮絶である。
セスナ機による事故では、セスナ機が着陸に失敗。
両翼がもぎ取れた状態で、セスナ前部が地面に突き刺さる形で停止したという。
同乗していたカメラマンは血だらけだったのに対し、風間さんはほぼ無傷。
凄まじく「強運」の持ち主だ…

やっぱり只物ではない前世は「陰陽師」?

182575_300
※www.crank-in.netより引用
オーラの泉に出演した際の話では、
「前世はエジプトの神官。陰陽師のような呪術的なことを行う人だった。」らしい

そのコトを番組内でも話し「陰陽師の生まれ変わり”と言われたことがあり、
自分で力を発して自分を守っているタイプ」ということを披露すると、
久本は「幼少時代に貧しくて草を食べていたのは修業だったのでは」と関連ボケで笑わせた。

こんな「強運」の持ち主の風間さん、坂上忍を超えるブレイクが訪れても不思議ではない!
「ウチくる!?」では92歳から111歳までの間に大成するとゲッターズ飯田に鑑定された風間さん、寿命も長そうです。

 

【関連記事】

ツイートツイート

Sponsored Link
サブコンテンツ