子供に注意。インフルエンザより危険な麻痺を伴うエンテロウイルスD68

Sponsored Links


2014年の夏に外国で大流行した
エンテロウイルスD68が、
2015年には日本の子供たちの
あいだでも見られました。

発熱やせきとともに、
原因不明まひの症状
全国の子供に現われたのです。

このような例が全国で
どのくらい見られるのか、
国立感染症研究所
調査に乗り出しました。

そもそもエンテロウイルスとは、
風邪手足口病ポリオ
無菌性髄膜炎などの原因になる
ウイルスの総称ですが、

その中の
エンテロウイルスD68には、
現在特に有効なワクチンは
無い状態です。

Sponsored Links

夏から秋にかけて流行し、
冬になるとウイルスが減少する、
という特徴があります。

[ ]

インフルエンザと、
特に初期の様子は似ている
と言われていますが、
流行の時期はその点異なっています。

大人の場合は、
もしこのウイルスに感染しても
症状が出ないか、
あくまで軽い風邪程度で済むのですが、
小さい子ども場合は
重症化することがあります。

肺炎などのほか、
急に筋力が低下するといった
特徴もあります。

いわゆる
急性弛緩性麻痺の報告は、
26の都府県で
5歳以下の子どもを中心に
66人にものぼりました。

Sponsored Links

この弛緩性麻痺に関しましては、
居住地域によって
広がり方が推測できますので、
今後の対策には役立てられそうですが、
流行した外国では、
まひの後遺症が残った例もありますので、
今後も警戒が必要です。

[ ]

まひが残った場合には、
リハビリを行なって
回復につとめなくてはいけませんが、
現在までのところ、
なぜまひが起きるかについても、
はっきりとしたメカニズムが
まだ解明されていません。

大人では軽くて済むのが、
小さい子供の場合には
なぜ重症化するのかも
わかっていませんので、

その研究とともに、
全国的な広がりが
見られそうな際には、
しっかりした対策を取ることが
今は奨励されています。

子供に見られるのは発熱、
くしゃみ、鼻水、呼吸困難などですが、
このウイルスはくしゃみを介して
感染すると言われていますので、
マスクなどで防御することも
有効と考えられます。

こちらの記事も読まれています


Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ